市況研究社

トウモロコシ相場 韓国の購入価格

【2019年12月13日(金)】 シカゴ(CBOT)トウモロコシ2020年3月限は前日、-5セント75安に下げたが、昨日の韓国の購入価格は下げなかった。

2019年12月12日(木)
Buyer    韓国 Feed Leaders Committee(FLC)
Seller    CHS
Origin    飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   69,000トン
Arrival   2020年3月30日
C&F basis  $205.95/mt CFR

韓国の飼料用トウモロコシ購入価格

これまでの主なものを拾い出して、昨日の購入価格と比較します。

2019年11月28日(木)
Buyer    韓国農協(農協飼料)
Seller    ADM(Archer Daniels Midland)
Origin    黒海沿岸/東欧産 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   65,000トン
Arrival   2020年3月25日
C&F basis  $204.49/mt CFR
plus $1.25/mt surcharge for additional port unloading

2019年11月20日(水)
Buyer    韓国 Feed Leaders Committee(FLC)
Seller    Glencore
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   65,000トン
Arrival   2020年3月
C&F basis  $203.80/mt CFR
plus $1.00/mt surcharge for additional port unloading

2019年11月20日(水)
Buyer    韓国 Major Feedmill Group(MFG)
Seller    POSCO大宇
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   65,000トン
Arrival   2020年3月
C&F basis  $204.69/mt CFR
plus $1.25/mt surcharge for additional port unloading

2019年11月8日(金)
Buyer    韓国 Major Feedmill Group(MFG)
Seller    Cargill
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   66,000トン
Arrival   2020年2月
C&F basis  $203.63/mt CFR

2019年11月8日(金)
Buyer    韓国飼料協会
Seller    CHS
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   60,000トン
Arrival   2020年2月
C&F basis  $204.79/mt CFR

2019年11月7日(木)
Buyer    韓国 Feed Leaders Committee(FLC)
Seller    ADM(Archer Daniels Midland)
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   65,000トン
Arrival   2020年2月29日
C&F basis  $205.63/mt CFR
plus $1.25/mt surcharge for additional port unloading

2019年11月7日(木)
Buyer    韓国農協(農協飼料)
Seller    Cargill
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   69,000トン
Arrival   2019年3月
C&F basis  $205.63/mt CFR
plus $1.25/mt surcharge for additional port unloading

2019年10月30日(水)
Buyer    韓国 Major Feedmill Group(MFG)
Seller    Cargill
Origin    optional-origin 飼料用黄トウモロコシ
Tonnage   69,000トン
Arrival   2020年2月5日
C&F basis  $206.55/mt CFR
plus $1.25/mt surcharge for additional port unloading

つまり、シカゴ(CBOT)先物が薄商いのなかで、ファンドの売買によって高下しても、実際の2020年2-3月入着玉の購入価格は下げなかったことがわかります。

当社の立場と意見

なぜ、日本や韓国の調達価格が11月、12月相場で下げていないのか?

それについては11月25日(月)の「日報」で検討しました。

アジアの飼料用トウモロコシ需要が大挙してブラジルや黒海/東欧などにシフトした結果、ブラジルなど積み地のベーシスが上昇したからです。そこで、11月25日以降はシカゴ(CBOT)先物がいくらの値段をつけていようと、われわれの調達価格が下げていなければ意味がないとお伝えし、実際の取引価格の将来に向けた経路を調べることに注力しています。

シカゴ(CBOT)先物の値段がわれわれの購入価格になるわけではありません。一般的に言って、シカゴ(CBOT)トウモロコシ先物は12月にあたらしいトレンドを開始する可能性は低い。CBOT先物のファンドは現在、昨年と同じように買っている可能性が高い。CBOT先物のファンドが、あたらしい投資資金の配分と流入を開始するのは年明け以降です。

現在の12月相場ではシカゴ(CBOT)先物の高下よりも実際の取引価格、ベーシス・レベルの推移の方が重要と考えています。引き続き、実際の動きを調べていきます。

国際穀物理事会(IGC)の輸出価格データ

These export prices are indicative, for nearest available shipment and are based on both official and trade sources. While every attempt is made to interpret information accurately, full reliability is not guaranteed. No part of this data may be reproduced without permission from, and attribution to, the International Grains Council.

Export Prices(フラット価格、米ドル/メトリックトン)
     米ガルフ   ブラジル産飼料用  アルゼンチン産飼料用
      No. 3    Paranagua港    Up River

12/13
12/12
12/11    167      176       167
12/10    170      179       169
12/09    169      179       169

12/06    170      177       170
12/05    170      177       170
12/04    170      177       170
12/03    172      178       171
12/02    173      179       170

11/29    172      178       170
11/28    168      174       167
11/27    168      174       167
11/26    171      176       168
11/25    172      177       168

11/22    171      176       168
11/21    171      175       168   
11/20    170      174       167
11/19    171      175       168
11/18    170      170       164

11/15    171      171       166
11/14    173      173       167
11/13    173      172       165
11/12    174      172       166
11/11    171      171       163

11/08    173      172       163
11/07    172      172       163
11/06    173      172       165
11/05    174      172       165
11/04    174      171       166

11/01    177      174       166