市況研究社

トウモロコシ相場 CHS副社長のインタビュー

【2019年12月20日(金)】 今朝、なにげなく読んだなかで、最も共感し、同意したのは、全米最大の農協組織「CHS」の国際穀物販売および再生可能燃料担当副社長とのインタビュー記事であった。

CHSの国際穀物販売および再生可能燃料担当副社長John Griffith氏の意見を紹介しながら、本日の要点を整理したいと思います。

That is now the new world

米中貿易協議の第1段階の合意は(ⅰ)米国は中国に対し、現行の、約3600億ドル相当の中国製品に課されている関税率を半分に引き下げる。(ⅱ)さらに米国は、12月15日に発動予定の1560億ドル相当の製品に対する対中追加関税の発動も見送る。(ⅲ)中国は米国農産物を「400-500億ドル相当購入する」などと伝えられた。

CHSのJohn Griffith氏の意見

中国が米国農業生産物を買うということだが(ⅰ)何を買うのか? (ⅱ)どれほど買うのか? (ⅲ)どの程度の期間で買うのか? 不透明である。

そして、そうしたことよりも、米国と中国が関税合戦でやりあっているあいだに国際穀物市場の流れが変わってしまった。米中貿易協議の第1段階が合意したからといって、国際農産物市場を以前の状態に、時計を巻き戻すことができると思うのは難しい。

CHSの副社長が12月19日(木)、ロイターのインタビューで何度も強調したのは「米中貿易協議で関税合戦をしているあいだに世界の農産物の需給構造が多大な変化をたどり、それはこのあとも続く可能性があり、以前の状態には戻らない」ということであった。

米中の貿易紛争は、ブラジルなどが、世界の輸出市場における米国のシェアを浸食することに拍車をかけた。それは、これまで米国が供給していた市場であたらしい供給元が台頭し、あたらしい取引相手に取って代わられたことを意味する。そうした国際穀物のシフトは、何年も続く可能性がある。

彼は「That is now the new world.」と述べた。

CHSの国際穀物販売および再生可能燃料担当副社長John Griffith氏が言うように、世界の需給構造が多大な変化をたどり、それはこのあとも続く可能性があり、以前の状態には戻らない。あたらしい供給元が台頭し、あたらしい取引相手に取って代わられることを意味する。われわれの頭も「アップデート」しておく必要があります。