市況研究社

トウモロコシ相場 アウトルック・フォーラム

【2020年2月25日(火)】天皇誕生日連休明けの「日報」(穀物)は、米農務省が週末2月21日(金)の「アウトルック・フォーラム」で提出した「2020/2021市場年度」の見通しをお伝えします。

シカゴ(CBOT)先物の価格形成の構造と秩序

当社では年初から、2月20日(木)-21日(金)の米農務省の「アウトルック・フォーラム」を「最重要イベント」として予告してきました。シカゴ(CBOT)先物は「アウトルック・フォーラム」に照準を合わせて動いてきたので、「2019年産限月」と「2020年産限月」それぞれの価格形成の構造と秩序が異なっています。

わかりやすくするために、昨年(2019)9月9日安値と今朝の価格を比較します。「2020年産限月」あるいは「2020/2021市場年度」の限月は約定新安値を更新して下げています。「2020/2021市場年度」の限月の下げは、現在のトウモロコシ相場の特徴です。

昨年(2019)11月から本年(2020)1-2月相場で、シカゴ(CBOT)先物では「2020/2021市場年度の限月」が約定新安値を更新して下げてきた。

2020年2月24日(月) 始値  高値  安値  帳入値
2019年09月限
2019年12月限
2020年03月限    376'25 376'25 370'00 372'25
2020年05月限    380'00 380'00 373'50 376'25
2020年07月限    382'75 382'75 376'25 379'50
2020年09月限    381'00 381'25 380'50 377'75
2020年12月限    385'00 385'25 390'00 382'25
2021年03月限    393'75 393'75 394'25 391'75

2019年9月9日(月) 始値  高値  安値  帳入値
2019年09月限    343'25 343'25 340'00 340'75
2019年12月限    354'75 357'75 352'25 354'25
2020年03月限    368'00 370'50 365'75 367'25
2020年05月限    376'50 379'25 374'75 376'75
2020年07月限    384'25 386'75 382'25 384'25
2020年09月限    389'25 391'75 387'50 390'00
2020年12月限    395'75 398'25 394'50 398'00
2021年03月限    407'50 409'25 406'50 409'00

5月米農務省予想の原型

米農務省は2月21日(金)、2020年の作付面積と収穫面積予想、生産高予想、そして需給見通しの「原案」を提出し、「2020/2021市場年度」の下げを説明した。米農務省のこの見通しが「5月12日」に発表する2020/2021市場年度の需給見通しの原型になるものです。

なぜ、昨年(2019)11月下旬から本年(2020)1-2月相場で、「2020/2021市場年度」の限月が約定新安値を更新して下げているのか? 米農務省が先週2月21日の「アウトルック」に提出した「作付面積/収穫面積予想」と「供給と需要の見通し」を見れば、CBOT先物の<価格形成の構造と秩序>の変化がわかると思います。

       2017/2018年度 2018/2019年度 2019/2020年度 2020/2021年度
       実績      概算      見積もり    見積もり
        2017      2018      2019      2020
作付面積    9020万a.    8890万a.    8970万a.    9400万a.
収穫面積    8270万a.    8130万a.    8150万a.    8660万a.
反収      176.6bu.    176.4bu.    168.0bu.    178.5bu.

生産高    146億0900万  143億4000万  136億9200万  154億6000万
期初在庫    22億9300万   21億4000万   22億2100万   18億9200万
輸入        3600万     2800万     5000万     2500万
総供給    169億3900万  165億0900万  159億6200万  173億7700万

飼料需要    53億0400万   54億3200万   55億2500万   58億0000万
エタノール   56億0500万   53億7600万   54億2500万   54億5000万
その他     14億5200万   14億1500万   13億9500万   13億9000万
米国内需要  123億6100万  122億2300万  123億4500万  126億4000万

輸出需要    24億3800万   20億6500万   17億2500万   21億0000万
総需要    147億9800万  142億8800万  140億7000万  147億4000万

期末在庫    21億4000万   22億2100万   18億9200万   26億3700万

農家平均価格  $3.60/bu.   $3.61/bu.   $3.85/bu.   $3.60/bu.

下は米農務省の簡単な説明です。

Corn Supply, Demand, and Price Outlook for 2020/21

This paper provides USDA’s projections of 2020/21 U.S. supply, demand, and prices for wheat, corn, rice, soybeans, and soybean products. The projections assume normal weather conditions for spring planting and summer crop development. These forecasts will be updated in the May 12 World Agricultural Supply and Demand Estimates (WASDE) report. The May WASDE will incorporate farmers’ 2020 planting intentions as indicated in the March 31 NASS Prospective Plantings report and survey-based forecasts for winter wheat production, as well as global, country-by-country supply and demand projections.

The U.S. corn outlook for 2020/21 is for record production and domestic use, increased exports, and higher ending stocks. The corn crop is projected at 15.5 billion bushels, 13 percent above a year ago with an increase in area from last year’s weather-reduced plantings and a return to trend yields. The yield projection of 178.5 bushels per acre is based on a weather-adjusted trend assuming normal planting progress and summer growing season weather. Despite beginning stocks forecast down from a year ago, total corn supplies at 17.4 billion bushels are forecast to be record high. Total U.S. corn use in 2020/21 is forecast to rise 5 percent from a year ago on record domestic use and a rebound in exports. Food, seed, and industrial (FSI) use is projected up fractionally at 6.8 billion bushels, driven by slightly higher corn used for ethanol. Corn used for ethanol is up less than 1 percent from a year ago, based on expectations of essentially flat motor gasoline consumption and a modest increase in exports. Feed and residual use is up 275 million bushels to 5.8 billion, with a larger crop, continued growth in grain consuming animal units, and lower expected prices. Corn exports are up 375 million bushels to 2.1 billion, reflecting expectations of global trade growth but with continued competition from other exporters such as Argentina, Brazil, and Ukraine. Ending stocks are projected at 2.7 billion bushels, up 745 million from 2019/20, resulting in a 25 cent per bushel decline from a year ago in the season-average farm price to $3.60 per bushel.