市況研究社

トウモロコシ相場 米農務省の数字について

更新日: 2020年11月11日(水)

昨夜の米農務省の需給見通しから記します。本年の生産高予想が「1%強」引き下げられたが、決して悲観する数字ではない。この程度は、考えていた範囲です。

米国トウモロコシの需給見通し

               2020/21 Proj.  2020/21 Proj.
Item               10月       11月
================================================================
米国トウモロコシの需給見通し 2020年11月10日発表
作付面積            9100万     9100万エーカー
収穫面積            8250万     8250万エーカー
収穫面積のエーカーあたり反収   178.4     175.8ブッシェル

期初在庫          19億9500万   19億9500万ブッシェル
生産高           147億2200万   145億0700万ブッシェル
輸入              2500万     2500万ブッシェル
【総供給】         167億4200万   165億2700万ブッシェル
米国内 飼料用等       57億7500万   57億0000万ブッシェル
米国内 エタノール用     50億5000万   50億5000万ブッシェル
米国内 その他        14億2500万   14億2500万ブッシェル
【米国内需要 合計】    122億5000万   121億7500万ブッシェル
輸出需要          23億2500万   26億5000万ブッシェル
【総需要】         145億7500万   148億2500万ブッシェル
期末在庫          21億6700万   17億0200万ブッシェル
米国農家手取り平均($/bu)    3.60      4.00ドル
================================================================
WASDE - 606 - 13 November 2020

米国トウモロコシ 2020年収穫面積、反収、生産高予想
米農務省 2020年11月10日発表
Crop Production
Released November 10, 2020, by the National Agricultural Statistics Service
(NASS), Agricultural Statistics Board, United States Department of
Agriculture (USDA).
Corn Production Down 1 Percent from October Forecast
Soybean Production Down 2 Percent
Cotton Production Up less than 1 Percent

中国の買い=新規成約は鈍化している

10月29日時点で、2020/2021市場年度の中国向け船積み累計は「219万9,500トン」、そして同国向け輸出成約残高が「856万3,800トン」、合計「1076万3,300トン」であった。当社では、中国はすでに必要量を買い付けていると考えています。10月29日時点の中国向け輸出成約残高「856万3,800トン」は週28万トンずつ船積みすると「31週分」、来年5-6月あたりまでカバーしている。

週間の中国向け新規輸出成約と輸出成約残高を表にしました。当社独自に作成したもので、他にはないものです。

中国船積みと輸出成約(単位:メトリック・トン)
期間    週間船積み 船積み累計 週間新規成約 輸出成約残高
10/23-10/29 33万0,300 219万9,500   21万2,300 856万3,800
10/16-10/22 13万4,200 186万9,200   00万1,700 868万1,800
10/09-10/15 36万3,900 173万5,000   43万3,500 881万4,300
10/02-10/08 26万9,700 137万1,100   14万0,700 874万4,700
09/25-10/01 34万9,900 110万1,400    1万8,500 887万3,700
09/18-09/24 26万9,900  75万1,500   14万9,900 920万5,100
09/11-09/17 20万4,400  48万1,600   56万6,500 932万5,100
09/04-09/10 20万9,700  27万7,200   35万9,700 896万3,000

韓国の買いは戻り高値を形成する

韓国の飼料メーカーは安価な飼料原料を求めるため、原料調達先の多角化や代替品への切り替えなどをフレキシブルに行う。シカゴ(CBOT)先物のファンドや米欧メディアなどは、韓国の買いを「bargain buying」とか「国際的な値ごろ感」「需要の追随」と解釈する。しかしながら、当社では、市場の「不均衡の累積的な連鎖反応」が韓国の買いを巻き込んで拡大しているときは、当面のピークに達している可能性が高いと考えています。韓国の買いは、連鎖反応の始まりではなく、連鎖反応のピークの可能性が高い。

韓国まで巻き込んで連鎖反応の買いが拡大すると、そのあとのフォロースルー(follow through)はないと思います。皮肉なことではあるけれども、韓国が買っているときの高値で「戻り高値」を形成する可能性が高い。

シカゴ(CBOT)トウモロコシ3月限=高値取組に移行

期近2020年12月限は、11月30日が受渡通知初日。これから3週間で、期近12月限の投資玉はゼロになる。

その一方で、2021年3月限への換えが進みます。2021年3月限は10月相場から取組が増加しており、高値取組への移行とみなすことができると思います。