市況研究社

原油相場 月末の建玉整理と乗り換え

更新日: 2020年4月30日(木)

原油相場は4月20-21日に大きく下落し、さらに4月27日の下げのあと、月末に戻してきた。こうした動きは、特定の相場材料に起因したものというよりは、月末の建玉整理と乗り換えが原動力になっている可能性が高い。

月末の建玉整理と乗り換え

先物市場では、買ったものは期日までに転売して清算しなければならない。売ったものは、買戻して清算しなければならない。

ニューヨーク原油(WTI)の買い方は納会前日の4月20日まで、大量の買い玉を抱えていたことで、自らの玉の重みに耐えかねて歴史に残る大暴落を作った。

4月20日(月)のニューヨーク原油(WTI)
限月       始値   高値   安値  帳入値 前日比 20日開始時点  20日の残玉
WTI 05月限 20  17.73  17.85  -40.32  -37.63 -55.90   108,593枚 → 13,044枚
-----------------------------------------------------------------------------------
WTI 06月限 20  24.76  24.92  20.19  20.43  -4.60
WTI 07月限 20  29.33  29.41  25.75  26.28  -3.14
WTI 08月限 20  31.07  31.24  28.04  28.51  -2.69
WTI 09月限 20  31.90  32.09  29.20  29.84  -2.24
WTI 10月限 20  32.63  32.80b  30.40  30.81  -1.90
WTI 11月限 20  33.27  33.51  31.26  31.66  -1.64
WTI 12月限 20  33.69  34.14  32.00  32.41  -1.41
WTI 01月限 21  34.22  34.50  32.64  33.02  -1.25

ニューヨーク原油期近5月限に納会直前まで買い玉を持っていた上場取引型金融商品(ETP)は大きく棄損した。期近の納会まで買い玉を持つ怖さを学んだはずです。

米国最大の原油ETP「ザ・ユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド」はニューヨーク原油5月限納会後、6月限の買い玉も手仕舞いした可能性が高い。ニューヨーク原油6月限は買い方の手仕舞いで、もう一度下げています。

4月27日(月)のニューヨーク原油(WTI)
限月       始値   高値   安値  帳入値
WTI 06月限 20  16.84  16.98  11.88  12.78  -4.16
WTI 07月限 20  21.13  21.45  17.78  18.08  -3.14
WTI 08月限 20  23.74  24.00  21.05  21.42  -2.44
WTI 09月限 20  25.76  25.80  23.36  23.84  -1.87
WTI 10月限 20  26.90  26.91  24.80  25.28  -1.49
WTI 11月限 20  27.62  27.77b  26.08a  26.47  -1.20
WTI 12月限 20  28.43  28.73b  27.01  27.46  -1.01
WTI 01月限 20  29.21  29.27  27.88  28.29  -0.84

ニューヨーク原油2020年6月限の建玉減少
日付      6月限    7月限    8月限
4月28日   317,760   385,311   168,146
4月27日   325,985   367,994   156,331
4月24日   327,469   381,943   158,292
4月23日   360,880   385,541   158,255
4月22日   379,358   376,595   156,007

ところが、売り方の方は4月20-21日の大暴落、さらに4月27日の下げを見たことで、気の緩みが発生した可能性がある。売り方が4月末の建玉整理と乗り換えに遅れたように思う。

これが4月29日の取組内部要因のテクニカルです。

4月20-21日、4月27日、そして、4月29-30日は、特定の相場材料に起因したものと言うよりは取組内部要因の問題であり、その建玉整理と乗り換えです。

それがもつれれば、ほぐれるまで時間がかかることがある。

4月29日からは、売り方の建玉整理で戻しているのなら、ここで売り方が売ると相場は一段と高くなる可能性が高い。そして、さらにもう一段の建玉整理を要求するようになる。4月20日~29日のプロセスで、すでに回転がきかない売り玉が増加しているなら、売り玉の買戻しが突き上げてくるので、売れば売るほど高くなるということがあり得る。

今はまず、それを警戒し、物事が必要とする時間の経過を見なければならない。

米国原油市場の買い方のひとつ、USオイル・ファンドについて

米国石油市場に特化した最大の上場取引型金融商品(ETP)である「ザ・ユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド(USO)」は4月28日に米証券取引委員会(SEC)へ提出した文書で、運用資産が30億ドル、3月中に4億6640万ドルの損失を計上し、3月末時点で7億2600万ドルの含み損を抱えていたことを明らかにした。

3月末時点とは、ニューヨーク原油2020年5月限が4月20日、史上初めてマイナス圏に沈んだ3週間前にあたる。ニューヨーク原油(WTI)期近5月限に買いを保持していたUSOのようなETPやその他の投資家は、5月限の取引最終日(4月21日)前日に手仕舞い売りを殺到させた。

SECの開示情報によると、3月末時点で、50社近い資産運用会社や投資顧問会社が顧客の資産をUSOに投資していた。多額の損失にもかかわらず、個人投資家のあいだではUSOの人気が高いと言われ、資金を注ぎ込んでいる。

USOは実を結ばない徒花(あだばな)だと思います。われわれは、当面の月替わりの建玉整理を警戒し、物事が必要とする時間の経過を見なければならない。

(1) 景気後退と新型コロナウイルスによる<需要蒸発>、(2) <期近のサヤすべり>、(3) <限月間価格差の縮小>は、5月も引き継ぐと考えています。

米国における需要蒸発について

需要蒸発が続いています。

米国ケロシン(ジェット燃料)出荷量
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20)  80万0千バレル  4/20-4/26(19) 192万0千バレル
4/11-4/17(20)  61万2千バレル  4/13-4/19(19) 182万0千バレル
4/04-4/10(20)  46万3千バレル  4/06-4/12(19) 167万4千バレル
3/28-4/03(20)  75万5千バレル  3/30-4/05(19) 144万5千バレル
3/21-3/27(20) 133万5千バレル  3/23-3/29(19) 188万9千バレル
3/14-3/20(20) 146万5千バレル  3/16-3/22(19) 165万6千バレル
3/07-3/13(20) 173万5千バレル  3/09-3/15(18) 179万4千バレル
2/29-3/06(20) 156万5千バレル  3/02-3/08(18) 195万3千バレル
2/22-2/28(20) 170万7千バレル  2/23-3/01(19) 169万7千バレル

米国ガソリン出荷量
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20) 586万0千バレル  4/20-4/26(19) 922万8千バレル
4/11-4/17(20) 531万1千バレル  4/13-4/19(19) 940万9千バレル
4/04-4/10(20) 508万1千バレル  4/06-4/12(19) 942万0千バレル
3/28-4/03(20) 506万5千バレル  3/30-4/05(19) 980万6千バレル
3/21-3/27(20) 665万9千バレル  3/23-3/29(19) 913万1千バレル
3/14-3/20(20) 883万7千バレル  3/16-3/22(19) 912万4千バレル
3/07-3/13(20) 969万6千バレル  3/09-3/15(18) 940万9千バレル
2/29-3/06(20) 944万9千バレル  3/02-3/08(18) 914万0千バレル
2/22-2/28(20) 918万6千バレル  2/23-3/01(19) 906万2千バレル

米国エタノール生産
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20)  53万7千バレル  4/20-4/26(19) 102万4千バレル
4/11-4/17(20)  56万3千バレル  4/13-4/19(19) 104万8千バレル
4/04-4/10(20)  57万0千バレル  4/06-4/12(19) 101万6千バレル
3/28-4/03(20)  67万2千バレル  3/30-4/05(19) 100万2千バレル
3/21-3/27(20)  84万0千バレル  3/23-3/29(19)  99万9千バレル
3/14-3/20(20) 100万5千バレル  3/16-3/22(19)  97万5千バレル
3/07-3/13(20) 103万5千バレル  3/09-3/15(18) 100万4千バレル
2/29-3/06(20) 104万4千バレル  3/02-3/08(18) 100万5千バレル
2/22-0/28(20) 107万9千バレル  2/23-3/01(19) 102万4千バレル

米国市場における石油製品全体の出荷量
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20) 1576万3千バレル  4/20-4/26(19) 2010万7千バレル
4/11-3/17(20) 1410万3千バレル  4/13-4/19(19) 2047万0千バレル
4/04-4/10(20) 1379万7千バレル  4/06-4/12(19) 2077万3千バレル
3/28-4/03(20) 1443万7千バレル  3/30-4/05(19) 2048万7千バレル
3/21-3/27(20) 1785万2千バレル  3/23-3/29(19) 2002万9千バレル
3/14-3/20(20) 1942万0千バレル  3/16-3/22(19) 2011万1千バレル
3/07-3/13(20) 2145万6千バレル  3/09-3/15(18) 2147万0千バレル
2/29-3/06(20) 2187万5千バレル  3/02-3/08(18) 2077万3千バレル
2/22-2/28(20) 2126万5千バレル  2/23-3/01(19) 2048万7千バレル

米国製油所の原油処理量
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20) 1276万1千バレル  4/20-4/26(19) 1644万6千バレル
4/11-3/17(20) 1245万6千バレル  4/13-4/19(19) 1658万3千バレル
4/04-4/10(20) 1266万5千バレル  4/06-4/12(19) 1607万8千バレル
3/28-4/03(20) 1363万4千バレル  3/30-4/05(19) 1610万0千バレル
3/21-3/27(20) 1489万8千バレル  3/23-3/29(19) 1584万9千バレル
3/14-3/20(20) 1583万8千バレル  3/16-3/22(19) 1583万1千バレル
3/07-3/13(20) 1582万0千バレル  3/09-3/15(18) 1619万8千バレル
2/29-3/06(20) 1570万2千バレル  3/02-3/08(18) 1602万0千バレル
2/22-2/28(20) 1569万6千バレル  2/23-3/01(19) 1599万0千バレル

これに対して、米国の原油生産は粘っています。

米国の原油生産
2020年      日量       2019年      日量
4/18-4/24(20) 1210万0千バレル  4/20-4/26(19) 1230万0千バレル
4/11-3/17(20) 1220万0千バレル  4/13-4/19(19) 1220万0千バレル
4/04-4/10(20) 1230万0千バレル  4/06-4/12(19) 1210万0千バレル
3/28-4/03(20) 1240万0千バレル  3/30-4/05(19) 1220万0千バレル
3/21-3/27(20) 1300万0千バレル  3/23-3/29(19) 1220万0千バレル
3/14-3/20(20) 1300万0千バレル  3/16-3/22(19) 1210万0千バレル
3/07-3/13(20) 1310万0千バレル  3/09-3/15(18) 1210万0千バレル
2/29-3/06(20) 1300万0千バレル  3/02-3/08(18) 1200万0千バレル
2/22-2/28(20) 1310万0千バレル  2/23-3/01(19) 1210万0千バレル