市況研究社

原油相場 将来の推定の基準

更新日: 2020年10月16日(金)

昨夜は、米国の「週間石油統計」(10月3日-10月9日)が発表された。言うまでもなく、この期間はカリブ海に熱帯低気圧「デルタ」が発生し、そのあとハリケーンに成長し、メキシコ湾をゆっくりと北進した時期です。米メキシコ湾の原油生産施設=海洋プラットホームからは職員が退避し、タンカーの航路やその荷揚げ、あるいは積取りに影響が出た。

将来の推定の基準

米国の原油生産、原油輸入や原油輸出は10月5日(月)~10月9日(金)、ハリケーン「デルタ」の影響を強く受けています。そうした先週の「米国石油統計」を将来の推定の基準にすることはできません。

石油市場で「国際需給」と言う場合、大手メディアや金融市場の投資資金が見ているのは「米国石油統計」です。しかも、その中でも「米国原油在庫」がすべてを代表するかのように取り上げられることが多い。しかし、当社では、そうした考え方は、極端な一面観だとみなしています。とても賛同できるものではない。

ハリケーン「デルタ」の影響を強く受けた先週の「米国石油統計」を将来の推定の基準にすることはできず、物事を包括的に見るためには、物事が必要とする時間の経過を考慮に入れなければならないので、ここでは長く揉みあうことが重要と考えています。

今朝の国際原油取引の指標=ブレント原油先物(ICE) 2020年10月15日(木)
限月      始値   高値   安値  帳入値  前日比
12月限 2020  43.45  43.48  41.56  43.16  -0.16
01月限 2021  43.80  43.85  41.96  43.52  -0.18
02月限 2021  44.21  44.21  42.28  43.81  -0.18
03月限 2021  44.35  44.35  42.60  44.08  -0.17
04月限 2021  44.57  44.61  42.90  44.33  -0.18
05月限 2021  44.77  44.77  43.17  44.57  -0.18
06月限 2021  44.98  44.98  43.44  44.79  -0.17
07月限 2021  45.11  45.11  43.66  44.97  -0.17

戻りの範囲について

当社では、原油の戻りについて(1)基本の高値と(2)罫線の窓を指標にしてきました。

(1)基本の高値
本年(2020)の相場では、6月5日(金)から6月8日(月)にかけて、株式でも原油でも、市場人気が一方向に傾き、当面の価格形成においてテクニカル的に伸びきった高値をつけた。
6月8日(月)ブレント原油12月限の基本の高値=43.98ドル
ブレント原油12月限=43.98ドルから上は、買いを持続するのがむずかしいとみなしています。

(2)罫線の窓(ギャップ)
原油相場では、「6月8日=基本の高値」から上は、「3月6日」(金)と「3月9日」(月)の間の罫線の窓(ギャップ)が戻りを抑えています。当社では6月~8月相場で、「3月6日」(金)と「3月9日」(月)の間のギャップは埋めることがないとお伝えしてきました。
限月         3月9日(月)   3月6日(金)
ブレント原油12月限  44.56ドル  ~ 47.38ドル

為替について

当社では、為替レート変動の重要な要因は内外金利差、さらにはそれを左右する先行きの金融政策スタンスの差と考えています。投資資金の動きは、長期債よりも短期債を目安にします。見ればわかるように金利指標はヨコにもみあっています。

Daily Treasury Yield Curve Rates
       1mo 3mo 6mo 1yr 2yr 3yr 5yr 7yr 10yr 20yr 30yr
10/15(20) 0.10 0.11 0.12 0.12 0.14 0.18 0.32 0.52 0.74 1.29 1.52
10/14(20) 0.10 0.12 0.12 0.13 0.14 0.18 0.30 0.51 0.73 1.28 1.50
10/13(20) 0.09 0.11 0.12 0.13 0.16 0.18 0.31 0.52 0.74 1.29 1.52
10/12(20) Columbus Day
10/09(20) 0.10 0.10 0.12 0.15 0.16 0.20 0.34 0.55 0.79 1.34 1.58
10/08(20) 0.09 0.09 0.12 0.13 0.13 0.18 0.33 0.54 0.78 1.34 1.57
10/07(20) 0.08 0.10 0.12 0.13 0.16 0.21 0.35 0.56 0.81 1.37 1.60
10/06(20) 0.08 0.10 0.11 0.14 0.14 0.17 0.32 0.53 0.76 1.33 1.56
10/05(20) 0.09 0.10 0.11 0.12 0.14 0.19 0.33 0.55 0.78 1.34 1.57

本日10月16日(金)の為替は「1ドル=105.60-105.35-105.10円」を見当にします。

本日の中東原油(プラッツ・ドバイ原油)

(1)ブレント原油とドバイ原油の価格差
ブレント12月限 -0.993ドル=プラッツ・ドバイ原油10月限
ブレント01月限 -0.904ドル=プラッツ・ドバイ原油11月限
ブレント02月限 -0.995ドル=プラッツ・ドバイ原油12月限
ブレント03月限 -1.042ドル=プラッツ・ドバイ原油01月限
ブレント04月限 -1.062ドル=プラッツ・ドバイ原油02月限
ブレント05月限 -1.051ドル=プラッツ・ドバイ原油03月限
ブレント06月限 -1.049ドル=プラッツ・ドバイ原油04月限
ブレント07月限 -1.068ドル=プラッツ・ドバイ原油05月限
ブレント08月限 -1.128ドル=プラッツ・ドバイ原油06月限

(2)プラッツ・ドバイ原油
本日の寄り付き前の試算です。
ここを下げ相場の中段のもみあいにするには、長くもみあうことが重要と考えています。
為替は「1ドル=105.60-105.35-105.10円」で計算します。

本日10月16日(金)のプラッツ・ドバイ原油の寄り付き前の想定値
限月         想定価格  1ドル=105.35円で換算
ドバイ原油10月限   42.19ドル   27,950円   +350円高
ドバイ原油11月限   42.52ドル   28,170円   -30円安
ドバイ原油12月限   42.74ドル   28,320円   -10円安
ドバイ原油01月限   42.94ドル   28,450円   -30円安
ドバイ原油02月限   43.17ドル   28,600円   -10円安
ドバイ原油03月限   43.40ドル   28,760円   -10円安