市況研究社

韓国、台湾のトウモロコシ購入価格

韓国の飼料メーカーは安価な飼料原料を求めるため、最低限の飼料品質基準を確保した上で、原料調達先の多角化や代替品への切り替えなどをフレキシブルに行う。<典型は傍流に表れる>ことが多いので、韓国や台湾の飼料原料購入動向は<ひとつの典型>=指標になります。

最新の成約は会員限定ディレクトリでご覧ください。無料のページで公開するのは1年後です。

ドキュメント

韓国のトウモロコシ購入価格 2020年    韓国のトウモロコシ購入価格 2019年

韓国のトウモロコシ購入価格 2018年    韓国のトウモロコシ購入価格 2017年

韓国のトウモロコシ購入価格 2016年    韓国のトウモロコシ購入価格 2015年

韓国のトウモロコシ購入価格 2014年    韓国のトウモロコシ購入価格 2013年

韓国のトウモロコシ購入価格 2012年    韓国のトウモロコシ購入価格 2011年

韓国のトウモロコシ購入価格 2010年    韓国のトウモロコシ購入価格 2009年

韓国のトウモロコシ購入価格 2008年    韓国のトウモロコシ購入価格 2007年

韓国のトウモロコシ購入価格 2006年    韓国のトウモロコシ購入価格 2005年

韓国のトウモロコシ購入価格 2004年    韓国のトウモロコシ購入価格 2003年

 

重要な予備概念

●韓国

韓国の飼料メーカーは安価な飼料原料を求めるため、最低限の飼料品質基準を確保した上で、原料調達先の多角化や代替品への切り替えなどをフレキシブルに行う。

韓国の「飼料管理法」に基づき登録されている飼料メーカーは、商系の「韓国飼料協会」、韓国農協系の「農協飼料」、独立系の「韓国飼料原料協会」に所属している。かつて2012年時点の資料を見ると、韓国の飼料メーカーは「68事業者」(101工場)で構成され、そのうち農協系が16事業者(26工場)、民間の会社で構成する飼料協会(商社)系が42事業者(65工場)、独立系が10事業者(10工場)であった。

これら韓国の飼料メーカーはそれぞれ所属している団体で一元的に、国際入札で飼料原料を調達する。韓国の飼料メーカーがまとまって「国際入札」に動いてきたときは、シカゴ(CBOT)先物のファンドはこれにチョーチンをつけて買い上げる。ロイターなど大手メディアは、こうした買いを「値頃感の台頭」と喧伝し「正当化する」する。

米農務省のウェブサイトでも、韓国は日本と対比して「a price-conscious buyer, willing to switch to feed wheat or other coarse grains, and ready to buy corn from the cheapest source(※)と記述されたことがあった。このため、韓国の飼料メーカーがまとまって「国際入札」を実施するとき、それぞれの団体が同じタイミングで一斉に動くので購入数量が嵩んでインパクトが大きい。そのとき、シカゴのファンドは「韓国の国際入札」にチョーチンをつけて買っている。その結果、韓国の買いが、シカゴ(CBOT)先物の戻り高値を形成することが多い。

われわれは韓国の動き、その購入価格を一つの指標として見ておく必要があります。

●台湾

台湾の大型飼料工場、たとえば統一、大成、卜蜂、中美嘉吉、福壽、茂生、福懋、泰山、台糖やその他の40社あまりの工場は、台湾飼料工業同業公会(組合)を組織している。

穀物のばら積み貨物船は積載量が6~7万トンに達するが、単一の飼料工場の使用量はそれほど多くはないことから、飼料穀物の購入に当たっては、同業公会が共同で手配する。台糖公司だけがトウモロコシや大豆の国際入札を独自におこなっている。

台湾は毎月3~6隻のばら積み船で飼料原料を輸入しており、これを組合員の飼料工場に提供しているほか、仲介業者に売り渡し、小規模工場や自家配合を行う家畜飼養者は、仲介業者から飼料穀物を購入する。

台湾の購入価格も、東アジアの飼料原料購入価格の指標になるので収録します。


(※)
Japan is the largest corn importer by far. While producing almost no coarse grains, Japan is a very large meat producer, so the country is a steady buyer of corn, with attention to quality. In recent years, Japanese imports of corn for livestock feed have stagnated, while imports for industrial use and starch manufacturing have increased.

South Korea is the second-largest importer of corn in the world. South Korea is a price-conscious buyer, willing to switch to feed wheat or other coarse grains, and ready to buy corn from the cheapest source.

Mexico is a growing importer. While a large corn producer, Mexico processes much of its production of white corn into human food products, but has turned to imported yellow corn and sorghum for livestock feed to support increased meat production.